村井建築株式会社 >> 手 帳 - Diary

<   2015年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 今年もきちんと28日に神様をお迎え致します準備を
終えることができ、ほっとしております。

 
e0243143_13502143.jpg


 神様をお迎えするに際しまして準備を整えるお日にちは
毎年28日と決めております。なぜかと申しますと、、、

 29日は「二重苦」につながる事や
数字の「9」が「苦に通じる」というゴロ合わせから嫌われます。
 また、31日は「一夜飾り」と言われて忌み嫌われます。

 という事から毎年会長さんに門松をこしらえて頂く際には
日付指定でお願いさせていただいております。
 毎年毎年、本当に立派な門松をお創りくださいまして
感謝の気持ちでいっぱいです!!(笑顔)

 
e0243143_13541546.jpg


 また、今年は著名な書道家さまの直筆のご挨拶書も
お届けくださいまして本当に有り難いことです。

 
e0243143_13561280.jpg


 今年は例年とは異なり全く雪もない年末となっておりますが、
会長さんのおかげさまで安心して新年をお迎えできそうです(笑顔)。

 皆さまもどうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
[PR]
by muraie | 2015-12-28 13:58

 お世話になっている瓦屋さんより来年の干支瓦を頂戴しました(笑顔)!

 
e0243143_1333925.jpg


 干支の十二支の「申」の本当の読みは「しん」と言うそうです。

 その「申」という漢字は、「雷」の原字で、
元々「稲妻(いなずま)」を表した象形文字だそうです。

 また、稲妻(いなずま)は、屈折しながら、
あちこちの方向に走ることから、「申」を「のびる」という意味や
「もうす」という意味で使うようになりました。
 申告(しんこく)や申請(しんせい)という漢字がありますが、
そういう漢字の意味からきているからなんでしょうね。

 ちなみに、雷は、昔、神が鳴らすものとされ、
「神鳴り」とも書かれ、かみなりの語源です。
「申」の字に示偏(しめすへん)をつけると「神」となりますよね。

 申年は、「申(サル)」が「去る」という意味を表し、
「悪いことが去る」や「病が去る」など
いいことや幸せがやってくるという年とする一説があるそうです。
 そして、ある日本の各地では、
「申年に赤い下着を贈ると病が治る」
「申年に贈られた下着を身に着けると元気になる」などの
昔からの言い伝えがあり、現在でも信じられているようです。

 2016年は皆さまにおかれましても、弊社にとっても、
思いわずらう事柄が去り、満ち足りた幸せが訪れます事を
心より切にお願い申し上げております(笑顔)!


e0243143_13404152.jpg









 
[PR]
by muraie | 2015-12-28 13:42
 12月17日大安に小松市本町地内にて
ご契約をいたしました!

 Kさまとは出会いから今日の日を迎えられるまでに
たくさんのお時間を頂戴しまして、
しっかりと細かな部分にまで
お話をさせていただいてきました。

 
e0243143_1553269.jpg


 当初より村家デザインと村家芯壁構造の双方を
気に入っていただけましたようで、
Kさまご自身が描かれている新居へのイメージを
具体的にご提案させていただく事で
少しずつ少しずつ形になっていった日々でした。

 
e0243143_15554519.jpg


 既存建物を解体して新たなる建物の建築となりますKさま邸。
敷地は既に更地となって、次の芽吹きを今か今かと待ち構えております。

 初夏には村家デザインでの美しい建物がお目見えとなります。
Kさまにはワクワクとドキドキでお心待ちにして
お過ごしいただきたいと思います(笑顔)!!

 Kさま、この度はたくさんの建築会社さんより弊社を
お選びくださいまして、本当にありがとうございました!!

 まだまだディテールでのお打合せが控えておりますので
イメージを大切にして、素敵なお家にいたしましょうね(笑顔)!
[PR]
by muraie | 2015-12-19 16:10
 12月11日の大安に加賀市山代温泉神明町地内にて
M様邸の地鎮祭を行ないました。

 
e0243143_15294675.jpg


 小雨のぱらつくあいにくのお天気でしたが、
『雨降って地固まるやね』とのお声かけも頂きまして
滞りなく無事にお式を行う事ができました(笑顔)。

 
e0243143_15315956.jpg


 敷地に見立てた盛砂に鎌を入れられるMさま。
 丁寧に作法を確認していただき、慎重に入れてくださいました。

 
e0243143_1533203.jpg


 鎮め物もしっかりと弊社社長に託していただきまして、
基礎工事の際に鎮めるまでお預かり致します。

 
e0243143_15361045.jpg


 上棟札も同じく上棟までお預かりさせていただきます。
棟札用の造作枠を棟梁が造作いたしまして上棟の日をお迎え致します。

 
e0243143_15382182.jpg


 Mさま、誠におめでとうございました(笑顔)!
しとしとと聴こえる雨音のなかで、一層宮司さんの祝詞が
通りに響いていらっしゃいましたね。
とても神々しい地鎮祭のお式となったように感じます。

 今後はじまる工事には弊社スタッフ一同心を込めて
しっかりとお創りさせていただきますので、
どうぞ引き続きよろしくお願い致します!!

 この後、金沢市まで各ショールームへと向かわれたようですが、
お式の後のお天気は一気にドシャ降りとなり、大変でしたよね(涙)。
 




 
[PR]
by muraie | 2015-12-19 15:44
雲一つない 空

本日 加賀市動橋町地内M様邸の上棟を迎えました。

e0243143_17113599.jpg

e0243143_17145652.jpg


もちろん 村家芯壁構造でのメインフレームです。
上棟初日から 全体像がイメージできるので、頼もしい。

e0243143_17144535.jpg

e0243143_17152429.jpg

e0243143_17154413.jpg


大切な行事のひとつに 躯体のお清めがあります。
棟梁ともども 建物周囲の柱めがけて 清めます。
最後に 棟梁に棟札を預け 無事完成を託します。

e0243143_17203217.jpg

e0243143_17204565.jpg


午後から夕方にかけて 作業は続きます。
夕日が吹抜けを照らします。

e0243143_1722169.jpg

e0243143_17222564.jpg


いよいよ終盤戦。
少し大きめの建物の全貌が見えてきました。

また いろいろと中身も愉しみです。

e0243143_17243220.jpg


のどかな田園が広がる 綺麗な場所。

大工さん 今日はご苦労様でした。
[PR]
by muraie | 2015-12-07 19:26
 
 
e0243143_1040394.jpg


 12月1日大安に加賀市山代温泉地内にて
ご契約をいたしました!

 
e0243143_10411886.jpg


 もちろん村家芯壁構造にてお創りさせていただきます。

 
e0243143_1042454.jpg


 事前に地盤調査を終え、敷地調整や基礎計画に反映させて
いただきましたので、ひと安心です。

 今後は敷地の決済や地鎮祭などを予定しており、
以降工事の着手となります。

 ご入居をとっても楽しみにされておいでるMさま邸新築工事の完成は
来年の初夏ごろです。しっかりとお創りさせていただきますので、
お心待ちにしてお過ごしくださいませ!

 この度はご契約、ありがとうございました!!!
[PR]
by muraie | 2015-12-01 10:49