村井建築株式会社 >> 手 帳 - Diary

<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 来月の3日(祝)と5日(土)6日(日)に加賀市大聖寺にて内覧会を行います。
「家族のイロドリ」、3世帯のご家族さまが、それぞれの暮らしを大切にし、またお互いを尊重し、イロドリ(彩り)豊かに生活をしてゆけるお家が完成いたしました。
お施主さまは、おじいちゃんやおばあちゃんから日々受け継いできた事を、上手に子供たちへと受け渡し、暮らしが継がれてゆく、家族の本来の在り方をあらためて感じさせてもらえたお家です。みんなで助けあって暮らして、みんなで笑いあって暮らして、みんなで子供たちを育ててゆく、まるでサザエさん一家のようなご家族でありながら、でもそれぞれのプライベートもしっかりと保ってゆける設計になっています。二世帯住宅ならぬ三世帯住宅なので、他ではないとくべつな内覧会です。
e0243143_15223792.jpg
ぜひお越しくださいますよう、スタッフ一同心よりお待ち申しあげています!
[PR]
by muraie | 2011-10-28 15:24
 本日、小松市小野町の住宅をお引渡しさせていただきました。お引渡しに際しまして、様々な書類等のお目通し、ご確認をいただきまして、メーカーさんからの取扱い説明などもお聞きいただきまして、お施主さまもいっぱいいっぱいになっておられました(苦笑)。例えば、建物の保証部位ごとにそれぞれ違う保証年数のことや、これから必要となってくる税金関係のこと、それから今後生活をされるにあたって各設備に関しての使い方やメンテナンスの仕方などをご説明させていただきました。そして、今まで建築中のあいだはわたしたちが利用させていただいてきた『現場用の工事キー』ですが、本日めでたく無事にお引渡しに際しまして、仮の鍵から『本物のキー』へとバトンタッチしました。現場キーと本キーには、仕組みがありまして、ひとたび本キーを鍵穴に差し込んだ瞬間から、現場キーは一切使えなくなる、という不思議なシステムになっております(現場キーは鍵穴に差し込んでも一切まわらなくなります)。万が一にも複製など悪用できないように、お施主さまの目の前で本キーの入った袋を開封し、鍵穴に差し込み後、その後現場キーを回すことができなくなったことをご確認いただいた上で、現場キーはきちんと破棄させていただきました。
 本日、お引渡しのごあいさつをさせていただいた際に、とてもお施主さまがお幸せそうな、はにかみ笑顔をされておいでまして、わたし自身も本当に胸が熱くなりました。今日ここに至るまでに、随分と悩んだり、考えたり、いろいろなことを乗り越えてこられたお施主さまご夫婦さん。今日ここに至るまでに、ずっと変わらずにおふたりを支えてきてくれて、乗り越えるチカラを与え続けてきてくれた源は、絶対的に子供さんたちでした。あなたたちのために、パパとママはものすごく、とても、頑張ってきてくれたんだよ、ってこと、いつか子供たち自身で解る日がくると思います。いつか子供たちが大きくなって、もう少しおとなになって、そんな時が訪れるまで、今日からはまた新たに次のステージに向かって、ガッツですね(笑顔)。奥さまがひたすらずっと、「今日からもっと節約せんなんげんよ。」って繰り返されていたことが、印象的でした。家族のために、日々を頑張ることが、本当に素晴らしいことだって、感じました。
 本日はご入居、誠におめでとうございます!そして、本日よりまた、改めましてどうぞよろしくお付き合いをお願い致します(笑顔)!                 村井建築株式会社一同
e0243143_1764741.jpg

[PR]
by muraie | 2011-10-17 17:09
 先週末より3日間、お天気にも恵まれましておかげ様でたくさんの皆さまにご来場いただきましたことを、心より御礼申し上げます。ご来場くださいました皆さまには、村井建築の建物に対する想いや、お住まいされるご家族さまへの切なる気持ち、などを感じとっていただけたのではないでしょうか。内覧会当日では、いらしてくださった皆さまへ充分な接客を心がけていたとはいえ、中には私どもの不手際により至らなかった部分もあっただろうかと存じます。大変申し訳無く感じているところですが、皆さまにはこれに懲りずにまた次回、11月3日(祝)〜11月6日(日)に予定しております内覧会にもぜひぜひお運びいただけますようお願い申し上げます。次回内覧会会場の詳細な内容につきましても近日中にWEBにてお伝えさせていただきます。村井建築の建物の真髄となる、造作建具・造作家具をふんだんにご提案させていただいていると共に、空間の極めて美しい、更に構造や動線など設計としてまさに理にかなっている、素晴らしい内覧会となることと思っております。ぜひお楽しみに、いらしてくださいませ。
 最後になりましたが、この素晴らしい内覧会の成功のために尽力してくださったお施主さまのMさま、ご家族の皆さまに心より感謝申し上げます。3日間、たいせつなお家をお貸しくださいまして、本当に有難うございました。今回Mさまのお家をご覧になられたお客さまが、また次にすてきなお家づくりをされるためのきっかけとなっていることを願って、関わってくださったすべての皆さまに感謝いたします。
e0243143_16471495.jpg

[PR]
by muraie | 2011-10-11 16:49
 明日から3日間、小松市小野町地内にて完成内覧会を行います。
先程から、そのために設営をしてきました。現場に到着してみると、最後の仕上げに職人さんが作業をしていたので、一枚パチリ。
e0243143_1731107.jpg


e0243143_17312740.jpg


 当日は、こちらの矢印看板を目印にいらしてくださいね。

e0243143_17322198.jpg


 正面のすてきなグリーンの壁が象徴です。
記念樹も印象的で、いいお家になりました。
わたしたちは、ご家族の幸せ願って、そして、M様はこども達の幸せを願って。最愛の家族のための、一生もののお家のお披露目です。

e0243143_17363417.jpg


 どうぞ、たくさんの皆さまにいらしていただけますように。村井建築株式会社のひとりひとりのスタッフ自身が、よりたくさんの皆さまの想いや願いにお答えしていけるよう、心を尽くしてお打合せさせていただきたいと思っています。
[PR]
by muraie | 2011-10-07 17:37
 先週の土曜日の夕方6時前のことでした。ご自身で駐車場スペースの土間工事を施工されたお施主さまが、上のお姉ちゃんと一緒に土工事の作業をされていた姿があまりにも微笑ましく、幸せな瞬間でしたので、記念に一枚お撮りさせていただきました。
 きっと、何年経っても、大きくなっても、こんな日のことは忘れることのない、いつまでも心にのこる瞬間なのだと思います。大人たちがみんなで何やら打合せをしていてその隣でずっと待っていたことや、長い間かけて打合せをしていて早く終わらないかな、って考えていたことや、いつの間にか何だかお家が建ち始めていて、その内に何だか出来上がってきていて、大人たちが今度は、新しい家具の話や、引越しのことなんかを相談している姿を眺めていたことや、はじめて貰えた自分の部屋のことや、そこで少しずつ自分だけの世界をつくってゆく日々のことや、いろんな時間を経て知らず知らずに変わってゆく家の表情や、だけども日々変わることのないあたたかい家族の笑顔や、あんなことやこんなこと、いろんなことを胸いっぱいに詰めこんで、いつかおとなになって今度はお姉ちゃん自身が家族をつくって、そうやって繰り返されたり、受け継がれたりしながら、家も家族と共に育ってゆくんだな、っていつも感じています。いつまでもいつまでも、ご家族さまが幸せに暮らす家であってほしい。それしか願うことはなくて、そのことだけを考えて今日まで過ごしてきました。完成まで、本当にあとわずか。ですが、無事に完成するまでも、そして完成してからもずっと、これからもどうぞよろしくお付き合いお願いいたします。
e0243143_936599.jpg

[PR]
by muraie | 2011-10-03 09:42